日本の常識は通用しない?外資系に転職する利点と注意点を理解しよう!


結果主義の風潮が強い外資系企業

外資系企業は日本に軒を構えながら外国の個人や法人が運営に深く関与している企業を指します。外国企業が日本に営業所を置くのとは異なり、仕事に対するスタンスは外国企業に準ずる所が多いのが特徴です。外資系企業の多くは結果主義であり、個人の能力を重視する傾向があります。日本企業は経過や複数人でのチームワークに重点を置くのが普通であるため、仕事に対するスタンスが大きく異なるのが外資系企業に就業する際の注意点です。また、外資系企業は明確な結果が出なければ過去の経歴に関係無く、即座に解雇されることもあります。成果を出した時の褒賞が多い一方で生活に直結するリスクも大きいことから、外資系企業で働く人はその点を理解する必要があります。

外資系企業は必ずしも語学力は問われない

外資系企業といえば様々な国を舞台にしたビジネスを展開し、社員はみんな英語がペラペラなイメージがあります。確かに英語が堪能であれば英語圏の人とコミュニケーションを取ることは容易ですが、仕事の内容によっては必ずしも英語を話せるだけの語学力は重要視されません。また、一口に語学力と言っても対人を想定した会話とメールや書類の作成とでは必要な知識が異なります。そのため、英語に詳しい事を売り文句にして就活を行う際は自分が出来ることを正しく示すことが大切です。外資系企業であっても日本国内だけで業務を行う会社も存在するので、英語に詳しい事は利点ではあるものの必須では無いことも理解することが重要になります。

外資系求人は、高い報酬が設定されているケースが多く、申し込む価値があります。サラリーマンでも年収1億円以上稼げる可能性があるのは、外資系です。外資系で働けば、より良い生活の実現可能性が高まります。