外資系企業に転職したい人に見て欲しい情報集!


外資系の企業は種類がある

外資系企業は外国の資本で経営されている企業のことで、厳密に言うと3つに分かれます。外国にある会社が日本で営業するために日本国内に会社を設立した場合があり、これが外資系企業とイメージする人が多いです。また、外国の企業と日本の企業が共同出資してつくった会社も外資系企業と呼ばれ、出資している会社の考えが両方取り入れられます。さらに、外国の企業が日本の企業を買収した場合があり、海外の経営力と資金力に優れた企業が経営することになります。

メリットとデメリット

外資系企業は、傾向として国内の企業と比べて年功序列の風習が強くないと言われています。そのため、会社により多くの利益を残すことができれば出世しやすい傾向があります。また、仕事とプライベートを分ける傾向が強いです。休日は本当に会いたい人と会い、楽しい時間を過ごすことができます。ただ、業務範囲が特定されている傾向があります。逆に言うと、日本の様に様々な経験を積むことができないのでゼネラリストにはなりにくいです。そのためスペシャリストになりたい人に外資系は向いています。

転職方法は主に3つある

転職するには、紹介や転職サイトそして転職エージェントなどがあります。紹介と言うのは、今外資系企業で働いている人から紹介して貰うことです。一般的な面接より知人からの推薦があるので、基本的に有利になります。転職サイトはネットを利用して求人を探す方法で求人数の多さが魅力です。転職エージェントは、エージェントに自分の希望を伝えると転職先を探して案内してくれます。個人で転職先を探すより、転職活動の期間を短くできることが多いです。

外資系転職をすれば高収入を期待できますが、多くが経験を伴う職種になります。また、語学ができればとても有利です。