30代で外資系企業に転職する場合の心構えとは?


30代で外資系企業に転職する場合に必要なスキル

30代で外資系企業に転職を考えているのであれば、英語力が必須です。外資系企業であっても英語をあまり使わない企業もありますが、外資系企業に転職するなら中級以上の英語力を持っている方が有利であるといえます。特に求人内容がすべて英語で書かれている企業は、その内容を理解するくらいの英語力が必要であるということを覚えておいた方がいいでしょう。他にも外資系企業が30代の転職者に求めていることは、即戦力となるような能力です。30代というと、新卒で入社していれば7~8年のキャリアがあります。外資系企業ではそれらのキャリアを考慮して、すぐに成果が出せるような人材を求めているのです。さらに30代になると即戦力に加えてマネジメント能力も必要とされます。マネジメント経験があるなら、それを積極的にアピールすることが有効です。

30代で外資系企業に転職する場合のポイント

30代で外資系企業に転職するなら、その企業が求めている人材を理解するために、しっかりとリサーチすることが大切です。企業側が求めている人材がわからないまま面接を受けても、求めている部分をアピールすることができないので、採用される確率が低くなってしまうからです。外資系企業が30代の転職者に求めているものは、マネジメントスキルが多いので、それらを中心にしっかりリサーチするようにしましょう。自己アピール力を磨いておくことも大切です。外資系企業では面接まで進んだ場合、報酬の交渉などを自分で行わなければなりません。年収がアップするかどうかは、自分のアピール力にかかっているので、自己アピール力を磨くことがポイントになります。

外資 ITの企業は、国内の企業と比べて成果主義の評価システムが採用されているところや、海外転勤のチャンスに恵まれているところが多くあります。