応募時にチェックしておきたい工場勤務の待遇


夜勤ならしっかりかせげる

工場が職場になる求人はいろいろなタイプがあります。比較的短期の仕事でしっかりと収入を得たいなら、夜勤の求人をチェックしましょう。規模が大きな工場を中心に、24時間操業を行うことはめずらしくありません。24時間を3つくらいの時間帯に分けて従業員を勤務させるのが一般的なので、深夜や早朝に働ける人材を募集する例はよくあります。深夜や早朝に勤務すると、同じ仕事内容でも日中に働くよりも時給がよくなります。慣れないうちは疲れがたまりやすいかもしれませんが、食事と睡眠をしっかりと取るように気をつけましょう。また、職場によっては一定期間を無欠勤で勤務を続けると追加報酬が出される場合もあります。夜勤による高い時給と追加報酬があれば、納得できる収入が得られるでしょう。

運転免許があったほうがいい場合もある

工場は規模が大きくなるほど広い敷地が必要なため、最寄り駅から少し遠い場所にあることもめずらしくありません。そんな職場では、工場と最寄り駅の間に従業員専用の送迎バスを運行している場合があります。交通費の負担が減るだけではなく、混雑も避けられるのでどんどん活用しましょう。ただし、深夜や早朝の勤務の場合は送迎バスが運行されていなかったり、公共交通機関が動いていなかったりすることも考えられます。そんなときは自動車かバイクを運転できると通勤が楽になります。自動車やバイクによる通勤を推奨している求人もめずらしくありませんが、交通費(燃料代)の支払いがどうなっているかチェックしましょう。燃料代が自己負担の場合、少々時給がよくても相殺されてしまうこともあります。

住み込みの求人の中には、特定の資格や経験がない人も応募可能なものがたくさんあり、住居費を節約したり、通勤時間を短縮したりしたい人に最適です。