薬剤師という職業には、どんな魅力があるのか?


薬剤師には病気を予防する使命もある

薬剤師の使命は、国民の健康保険の向上です。その使命のなかには、病気の予防や薬を通しての医療への貢献も含まれています。誰もが風邪で発熱したり、腹痛をおこしたとき、薬を飲んで治った経験があるのではないでしょうか。世の中のあまたある商品のなかで、身体に取り入れて機能に影響を及ぼすものが「薬」です。だからこそ、高度な教育を受けた薬剤師という専門家の存在が不可欠なのです。さらに、薬剤師は科学者としての目を持ちながら、生活者に親しみやすい位置で薬や健康の相談に乗れる魅力的な職業であるともいえます。

薬学部にはどのようなカリキュラムがあるか?

薬剤師になるには、大学の薬学部で6年間の教育を受け、卒業後に薬剤師国家試験に合格しなければなりません。6年間の大学生活では、化学や生物、医薬品の基本構造機能から病態生理、薬物療法の実態、衛生化学関連の知識、そこに医療従事者としての人間性を高めるような講義と実験のカリキュラムが用意されています。高学年では、実際の病院や薬局で半年間の実務実習があり、その後、それぞれが卒業研究を行うことになっています。現在は、国家試験に合格し、薬剤師登録を行えば一生涯「薬剤師」という資格が得られます。しかし、この免許にぶら下がっていてはいけません。薬剤師は仕事をしている限り「医療現場での活躍」「後進の指導(教育)」「問題提起と発見(研究)」という3つのフィールドを持ち、そのフィールドを充実させるために学び続ける必要があります。そうして自分を研鑽していくことが、生涯を通して良いキャリアを重ねていくことにつながるのです。

薬剤師のシニア求人は、常勤の他にアルバイトや派遣など様々な雇用形態のものがあり、生活スタイルに合わせて経験やスキルを活かすことができます。